くもんは計算力だけ??

今日は別の習い事がお休みだったのでだいぶ長い間お友達と公園で遊んでいました。

まあ、楽しそうでした。同じバス停のお友達だけでなく、他のバス停の同じクラスのお友達も来たりしてブランコしたりどろんこ遊びしたり、氷鬼したり遊びほうけております。

毎日顔を合わせるママ友さんのおうちは小学校高学年にお姉ちゃんがいるので色々教えてくれるのだけれど。先ほど何気なく言っていた言葉がちょっとだけ気になりました。

くもんは算数はどんどん進むよね

でも計算だけなんだよねー

って。

上のお姉ちゃんはチャレンジをもう半年くらいしていないけれどでも意外に成績いいよーと。

うちの娘のことを悪く言いたいわけでは決してないのはわかるのですが、やっぱりモヤモヤしますよね(笑)



スポンサーリンク


 

けっこう言われます。

公文は結局計算だけだからって。

私はくもんに最初は周りに流されて入会した感じですが、引っ越しでやめることもできたけれどあえて続けているのは、(そしてまた引っ越したとしても続けさせたいなと思っています)

自分で自ら学ぶ姿勢を身に着けたい

・毎日コツコツと積み重ねる勉強習慣を身に着けたい

・あくまでも小学校の成績はどうでもよく、高校にはいってからついていける土台を付けたい

これに尽きます。

公文は幼児の簡単な部分は別として、今後どんどん進んでいくと、例題を見て自分で考えて解くようになります。公文は計算は早くなるのは本当だと思います。私は子供のころうちの娘みたいに早くにくもんに入会しませんでしたが、計算は早くなりました。

ただ、私は残念ながら始めた時期が遅く高校数学まではいきませんでした。

公文に入るときに先生にも言われたのが、公文の数学は高校数学を難なくこなすためにスモールステップで教材が考えられているということでした。やっぱり高校に入ると数学ってぐっと難しくなります。その時に耐えられる力を付けて行ってほしいと思っています。

計算だけといいますが、計算力も大切です。微分積分はたかが計算かもしれないですが、そこそこ難しいですよね。三角関数とかも計算だけなのかなあ・・・?

また、毎日プリントをこなすことによって机に向かう習慣をつけてほしいということもあります。毎日地道にコツコツ勉強するということもなかなかできないことです。公文の学習を通してできるようになったら・・・と思います。小学校の成績が良くなるのだったらそれこそチャレンジやドラゼミなどさせるだけでいいかな。でも、私はもう少し先の未来を見据えて子供には公文を続けさせていきたいと思っています。

でも、公文をただCMで知っているとか、周りがやっているから知っているくらいの人にはやっぱり計算力だけって言いますね。そうやって、周りに言われることはこれからも多々あると思いますし、この子くもんしてるのに成績がうちの子より良くないとか陰口とかも言われるかもしれません。でも、一度公文で頑張ていくと決めたからには簡単にはやめずこれからも信念を突き通していきたいと思います。

ちなみに冒頭のママ友さんのご家庭は旦那さんがお医者様なんですよね。なのでたぶんお子さんの頭の構造も我が家とは違うんです(笑)一般家庭の我が家はコツコツしていくしかないのです(笑)



スポンサーリンク